bio

2012年03月13日(火)

[ 黒猫の存在… ]

黒猫SLの廃棄処分から奇跡的にMidiと呼ばれる音楽バイパスを使って人間界に逃走を図ったMIDICRONICA。その時偶然にも彼らと共に現実世界に来てしまった黒猫の存在をご存知だろうか?この黒猫。

 

SLが人間型異形生物(H.I.M)を作るに当たり人間の行動サンプルとして飼われていたものなのだが、MIDICRONICAの面々が逃走を図る以前から既に研究所内から姿を消していたのだ。その頃依然としてSLでは幾度となく究極生物NUMBERS(ナンバーズ)の実験が繰り返され、そしてそれは失敗するばかりだったが、よほどのことがない限り廃棄されることはなくなり、主に研究所内のファイル交換や雑用など多岐にわたって細かく分類され、与えられた仕事をこなしていく事が義務付けられた。 廃棄を逃れ、尚且つ下働きとはいえ役職を与えられたH.I.M達は少なからず自分達の仕事に誇りをもつ事ができたのである。 しかし、一体のH.I.Mだけは苦悩していた。


FEATURED VIDEO

        
                  VIEW ALL ON YOUTUBE